民間学童保育には多彩なサービスが充実!利用しやすさも魅力です

民間学童保育には多彩なサービスが充実!利用しやすさも魅力です

民間学童保育を選ぶ際のチェックポイント

子どもの食事

子供が小学校に上がるので民間学童保育の利用を検討しているというご家庭は少なくないはずです。しかし、地域によっては非常にたくさんの民間学童保育が存在していて、どのように選んで良いか分からないと戸惑っている親御さんもいるかもしれません。そこで、ここでは民間学童保育を選ぶ際のチェックポイントをいくつか紹介していきましょう。
まず、通いやすさは非常に重要です。子供が自分で通うことになる施設ですので、通いやすく通所の際に事故に遭うリスクが高くないかなども考えて施設選びをしていくようにしましょう。
次に利用時間の確認も必須です。民間学童保育は公立より遅くまで預かってもらえるケースが多いですが、施設によって預かり時間にはばらつきがありますので親御さんの働き方に合った利用時間のある施設を選ぶことが大切です。また、施設の教育方針や雰囲気なども重要なチェックポイントです。民間学童保育は運営元によって施設の雰囲気や教育内容などに大きな違いがありますので、自分の子供が楽しく過ごせそうな施設を吟味していくようにしましょう。施設の雰囲気は自分の目で見てみないと分からないこともありますので、施設のチェックはホームページなどネットでの情報収集だけでなく、実際に説明会などに足を運んで施設の見学をするようにしてみて下さい。

民間学童保育の子供の送り迎えシステム

子供が小学校に上がり、これから民間学童保育の利用を検討している方が気にする問題として、子供の送り迎えがあります。小学校から民間学童保育までの距離が近い場合は、子供が歩いて通うことが出来ますが、距離が離れている場合は子供が通いにくくなります。そのような時は民間学童保育の送迎サービスが活躍します。送迎についてはいくつか種類があり、小学校から民間学童保育までの移動を送り迎えしてくれるもの、民間学童保育から自宅まで送迎してくれるものがあります。民間学童保育によって、行っている送迎サービスは違うため、利用するときには教室の送迎サービスの内容はよく確認することが重要です。

また、親御さんが直接民間学童保育へ出向いて迎えに行くことも出来ます。会社に勤めている方で、帰り時間がまちまちだという場合は、自身が子供を迎えに行くのもオススメです。特に民間学童保育は、公的な民間学童保育より長く預け入れをしている所があるため、会社が終わるまで預かってもらうといった利用の方法も便利です。ちなみに、送迎だけではなく教育サービスも充実した民間学童保育も多く、子供が帰る時間帯までしっかり勉強をサポートしてくれたりします。こうしたサービスを賢く利用しましょう。

どんなサービスが民間学童保育で利用できるのか

預かりサービス以外にも、便利なサービスやコースが用意されているのが民間学童保育の魅力です。例えば、送迎サービスが民間学童保育でよく行われているサービスの一つとしてあります。民間学童保育のバス等が小学校に迎えに行ってくれるので、子供は民間学童保育まで歩く必要がなくなり、移動中の安全も確保されます。また送迎は有料の所もありますが、送迎対象校の場合は無料で利用できたりします。民間学童保育の送迎サービスを使う方は、子供が通っている学校が送迎対象校に含まれているかもチェックしてみましょう。

送迎の他には、おやつや宿題サポートサービスもあったりします。育ち盛りの小学生は、直ぐにお腹をすかせてしまいますが、おやつサービスがあれば親御さんが帰ってくるまでの間、子供はお腹をすかせて待たなくても済みます。子供に提供してくれるお菓子も、アレルギーに気をつけて提供してくれたり、身体に悪い添加物が含まれないものを提供してくれるなど配慮がなされています。また、宿題サポートでは子供が宿題をしている最中に分からないところを教えてくれます。子供の宿題を教えてあげる時間が取れない親御さんにかわって教えてくれるので、教育面でも民間学童保育は便利です。

保育士の女性

放課後の面倒を見てもらいたいなら民間学童保育

一般的な小学校は15時から16時頃に終わりますが、子育てをする親御さんの中には、そんなに早く学校が終わってしまっては困るという方も多いです。特にひとり親家庭や共働き家庭の場合、親が自宅に帰るのは…

MORE

PICK UP

民間学童保育の魅力と教育サービス

子供が小学校に行っている間は、親御さんは学校側が面倒を見てくれるのでそれほど心配は要りませんが、小学校が終わった放課後は心配がつきものです。例えば、夫婦共…

UPDATE LIST

TOP