民間学童保育には多彩なサービスが充実!利用しやすさも魅力です

民間学童保育には多彩なサービスが充実!利用しやすさも魅力です

民間学童保育は介護や仕事などで多忙な保護者も子供を預けやすい

絵本を読む

学童保育を選ぶ際に、保護者の就業形態や介護の状態など条件が絞られるのが公営学童保育です。公営なので補助を受けているという関係もあり、民間学童保育に比べると安い費用で子供を預けられるのがメリットとなっています。民間学童保育に比べると大幅に安い料金で預けられるため、経済的に負担が少ないのも特徴です。それだけに、定員数が限られているので、利用するための条件が設定されています。

保護者の状況によっては、正社員ではないもののパートや一時的な就業、介護で忙しい時期があるなど多忙な方もいるでしょう。公営学童保育の利用条件に該当していないものの、時間に余裕があるとは言えないというケースです。不定期で多忙になる時期がひと月の間に何度もある場合には、民間学童保育を検討する方が有利です。なぜならば、一定の条件が公営のように厳しくありません。

多忙な保護者は、介護や仕事など不定期で忙しくなる方も少なくないものです。家庭ではさまざまな理由で急に多忙になることも考えられます。理由に関係なく、いろいろな保護者の事情に対して、子供を受け入れてくれるのが民間学童保育ならではの柔軟性です。教育面のサポートも充実しているので、放課後を有意義に過ごせるメリットもあります。

公営学童保育の条件を満たしていない方は、民間学童保育の方を検討してみる良いでしょう。

保育士の女性

放課後の面倒を見てもらいたいなら民間学童保育

一般的な小学校は15時から16時頃に終わりますが、子育てをする親御さんの中には、そんなに早く学校が終わってしまっては困るという方も多いです。特にひとり親家庭や共働き家庭の場合、親が自宅に帰るのは…

MORE

PICK UP

民間学童保育の魅力と教育サービス

子供が小学校に行っている間は、親御さんは学校側が面倒を見てくれるのでそれほど心配は要りませんが、小学校が終わった放課後は心配がつきものです。例えば、夫婦共…

UPDATE LIST

TOP